以下の文章は今回のししゃもさんとの件について、経緯・僕個人としての意見をまとめています

今回の件は相手が中2であると自称しているのは認知していますが、それが虚偽である可能性も含めて今回の件は話を進めていきます

「中2であろうとなかろうと」という視点も含めて読んでください

また、この文章は最後まで読まないとことの全容や文章の趣旨・本意が掴みにくいものとなっていますので、全文読んで頂けると幸いです


まず、今回の件の発端は2019年2月23日

今年の真夏の全国ツアーの会場や日程が発表され、それについて今年の会場少ないよねといった内容のツイートをした時です

そのタイミングで以下の3つの質問が僕の質問箱に送られてきました


質問箱①


質問箱②


質問箱③


見ての通りですが正直、相手が大人の意見を述べているとは思えませんでした


まず、この質問箱に対する意見を述べる前に「乃木フク」というアカウントがどういうアカウントであるかについて軽く見解を述べさせて頂きます

「乃木フク」というアカウントは妄ツイをメインコンテンツとしているアカウントですがその妄ツイ含めて趣味を楽しむためのアカウントとして活動しています

僕は乃木坂に対する自分の意見だったり、その他アイドル関係に対する自分の意見だったり、そういったことを発信するのが好きな方でそれも僕の趣味になっています


確かに、妄ツイを書いてTwitter上に乗せていることで多くの人にフォローして頂いているのは事実ですが、妄ツイだけしか呟いてはいけないわけではないと考えています


それらを含めて「妄ツイ」も「自分の意見を言う」のも「乃木フク」という趣味を楽しむことを目的としたアカウントの活動の範疇に入っていると考えています

また、それと同様にTwitterそのものも自分の意見を言うことが許容された場であり、それが趣旨の1つでもあると考えています


それらを踏まえてこの質問箱に対する自分の意見を述べさせて頂きたいと思います


まず、上記の理由から僕が意見を言うのが好きであること・それを「乃木フク」というアカウントですることに問題がないと考えています


他者からの興味を引くために始めたアカウントではないのであくまで趣味として妄ツイを書いたり自分の意見を言っているので何かそこに矛盾やおかしなことがあるとは思っていません

(もちろん、単純に妄ツイが読みたいだけという人もいると思うので、そういった人向けに作品をまとめただけのアカウントを作成するなどの対策は取っています)


次に「FFだからフォローを外せない・ブロックできない・FFを解消したら気分が悪い」などについてです


相手の意見が気に入らないならフォローを外すなり、ブロックするなりといったことをすることはできるはずです

その中で解消したらお互いに気分が悪いなどと言われていましたが、現状は当事者にとっても第三者にとってもFFが解消されるだけに比べて更に気分の悪い状況が出来上がっていると思います


また、確かに妄ツイ界という狭い界隈では妄ツイ師同士の繋がりは出来やすく、仲良くなりやすいので本心では相手のことを嫌っててもFFを外すのが難しいのはわかります

ただ、僕とししゃもさんはリプ・DMともにやり取りをしたことがないのでFFを外すことはそう難しいことだったとは思いません


もしFFを外すのがそこまで嫌ならミュートすれば良いと思い、そう言及したのですがそれについては無視されてしまいました


これらにプラスしてTwitterを触っている時間などに対する言及は悪く言いたいのはわかるんですけど、正直何をどう考えていいのかもわからないくらいによくわからないバッシングだったので割愛させていただきます


自分を良く見せようと~については後に言及します


また、この3つの質問に続いて最後に「論理的に返したり、大人な対応されても返信できなくて困るから論理的に反論するな、返信してくるな」といった旨の投稿があり、話の通じる相手ではないなとその投稿を最後に質問箱をブロックしました


以上が今回の件の発端です

ここまでに対しての自分の考えとしては

本質的には公園でサッカーをしている人に対して言いがかりをつけて殴りかかってるのと変わりはないかなといったところです


今回の質問が送られてきたタイミングで話していた全ツの会場に対する意見がししゃもさん個人を攻撃する意図のあった内容ではありませんでしたし、間接的にでもししゃもさん個人を攻撃することになる可能性がたったものではないと考えています


よって、自分としては

「僕はTwitterという空間で許容されている範囲内で自由に遊んでいただけなのに、ししゃもさんにとっては何かしらが気に入らないものだったからという理由だけで一方的に攻撃された」

と感じています


また、この質問箱の流れに関しては匿名である以上、当時は相手が誰であるかわからない状態で対応していました


次に、この件から1ヶ月経った2019年3月10日

ししゃもさんが以下のようなツイートをされています


ツイート①


見てわかる通り、ここではっきりと僕に対して「嫌い」という表現が使われました

正直、見た瞬間から全く何も思わなかったかと言われれば嘘になりますが、相手が中2である可能性があるのでそこを加味すると怒るのは大人気ないなと思い、すぐに全く気にしないようになりました


しかし、質問箱には最初に述べた質問箱がししゃもさんによるものだと気付いたフォロワーさんから多くの投稿があり、中にはししゃもさん個人に対して攻撃的な内容のものもありましたが、相手が中学2年生であるために攻撃的な表現は避けるように注意したり、自分がししゃもさんに対して言及する時も言葉を選ぶなどの配慮は普段よりかなり慎重に行なっていました


そのように、一方的に文句を言われている立場でありますが、相手が中2ということもあり、色々と我慢しながら彼が完全に悪者として扱われないようになるべく擁護しようと立ち回っていました


ただ、そういった流れの中でししゃもさんのバナー・アイコン・引退ツイートに使われていた画像が齋藤飛鳥のモバイルメールで送られてきた画像を加工したものであることがわかりました

これに関しては全く擁護できなかったですし、今でもする気はありません


そういったやり取りがあった次の日、2019年3月21日にししゃもさんが以下のツイートをしています


ツイート②


これに関しては相当思うことがあるので一つ一つ思っていることを書いていこうと思います


まず1つ目「"半分ネタ"だった」について

まず、ネタというのは相手を不快にさせないというのが基本です

仮にネガティブな表現を使うようなネタであれば互いの距離感が大切であり、関係性を築き上げていないと悪口やディスるなどといった言動はしてはいけないと考えています


最初の質問箱に関する説明でも言いましたが、自分とししゃもさんはリプやDMでの絡みはなく、そういったネタを言い合うような関係性が築かれてはいませんでした

ですのであれらの言葉がネタとして認識されるものであったとは思いません


これに関しては童貞やコミュ力がどうのこうのという問題ではなく、ししゃもさんの認識の甘さが原因であると考えています


よって、「嫌いというか面倒くさい」という表現もネタとして通用するものではありません

さらに言ってしまうと、そもそも質問箱でしか絡みがなかった(しかも一方的に言いがかりをつけてきた)のに面倒くさいと言われる筋合いがあるとは思いません


次に述べられているTwitterの利用時間については質問箱の時と同じく僕を悪く言いたい気持ちがあるのはわかるんですけど、結局何が言いたいのか全くわからないので割愛します


次に「正直、モバメ画像に関してはどうでもいい」という点についてです

これについては言語道断、絶対ダメです

モバメの画像はSNSを含めたネット上に載せないのがルールです

それを指摘した人間が妄ツイを書いているからと言って載せていい理由にはなってません

完全にモバメを購入する上でのルール違反です


次に「理屈詰で反論する・大人の対応でカッコつける・フォロワーにいいように取られる行動を取る」についてです


まず1番に言えるのは大人の対応=カッコつけではないということです

大人の対応というのは常識として取るべき行動を取ることだと思います

例えば、今回の件で言えばししゃもさんについての質問箱でのバッシングに対して強い表現を使うことや、意見するにしても言葉を慎重に選ぶなどは自称ではあるものの中2に対しての行動としては当たり前のものだと思います

これはカッコつけと捉えるべきものでしょうか


そういった対応を取っていないとフォロワーに悪く思われるのは間違い無いですし、フォロワーにいいようにとられる行動というのは大人な対応、つまり常識的な対応だと思います


それに、質問箱やこの文章もそうですが論理的に返すことは自分の言葉や行動の本意を説明するのには必須だと思います

自分がなぜこのような行動を取るのか論理的に説明しないと他者をただ不満にさせるだけです

今回の件はそれなりにフォロワーが多い人間同士での問題かつ、ししゃもさんによって公になっている問題なのでより一層その必要性があると思います

それこそ論理的に返せない人はただの"水掛け論"をするしかない思います

逆に言えば論理的に自分の考えがある人は水掛け論をすることは無いと思います


以上が今回の画像ツイートについて自分の思っているところです


正直、ししゃもさんが中学2年生であろうとなかろうと今回の件がやっていいことだったのかと言われるとそうではないと思いますし、そとそもししゃもさんが中学2年生という主張に関しては正直今の時点では全く信じていません


とりあえず以上の点を踏まえて自分の思っていることのまとめとしては


「結局、僕が彼にどんな悪いことをしたのかわらないし、その状態で一方的に攻撃されても常識的な大人の対応をしたにも関わらず、なぜか受け入られなかったことが疑問であると同時に頭にきているところもある」


ということです


また、正直なところを言うとかなり支離滅裂とも言える主張を繰り返されてるなぁと感じていてまともな話ができる相手だとは思ってないのでししゃもさんのことはブロックします


また、この文章はこれを読んだ上でししゃもさんやフォロワーさんに何かしてくれという目的で書いた文章ではありません

この文章の趣旨や目的としては僕がどういう経緯でこのような件に関わっているのか、どういう考え方でどういう行動を取っていたのか、向こうの主張に対してというのを説明することです


最後まで読んでいただきありがとうございました

今後とも何卒よろしくお願いします